経理業務で一番大変な消し込み作業|専門業者に任せるメリットとは

男女

新たな金融債権

でんさいとは手形・指名債権の問題点を解消できる、新しい電子記録債権です。この仕組みは、中小企業等の事業者の資金調達を円滑にするために創設されました。でんさいの取引は、取引金融機関を通じて「でんさいネット」を利用して行われます。決済用預金口座をもっている金融機関を通じて法人や個人事業主が利用できます。

経理で一番たいへん

スーツの人

これで解決

経理の仕事でもっとも時間が掛る作業、それが消し込みです。消し込み作業における売掛金とは信用取引を行った結果で、債務、債権の勘定科目上は流動資金に相当するものです。売上と入金日が異なる場合、売り上がった取引は売掛金として借方に計上されまる。取引先からの入金は預金として仕訳されます。貯金額と借方を照らし合わせ、勘定科目の残高を消す作業が消し込みと呼ばれています。消し込みは膨大なデータの中から経理従事者が手作業で照合を行って参りました。しかし、取引先から必ずしも同じ金額が振り込まれるとは限りません。残高不足もしくは金額の間違いや振込手数料が引かれたことにより、違う数字が計上されていることが多々あります。少なすぎる額が振り込まれていた場合は、連絡を取り追徴しなくてはなりません。また、多過ぎる額が振り込まれていた場合には返金の手続きが必要となり、それらの雑用には時間と手間が取られます。同じ額があちこちの取引先から振り込まれてくるケースでは、それらの照合にはたいへんな労力を必要とします。違う日時の振込の場合は差別化が図れますが、同じ日にまったく同じ金額がいつくもの異なる取引先から振り込まれてくるケースでは、かなりの混乱が生じます。取引が大きくなればなるほどデータの数は膨大になり、経理に負担が掛かっていきます。残業が増え、職場環境は悪化します。これらの消し込み作業による混乱や経理従事者の残業と労力の削減のために、経理業務の大幅な削減アップができるサービス導入が増えています。売掛金とそれに対応する正しい入金金額をネット上で自動で照合してもらえるこのサービスを利用すれば、不足分も自動で連絡がいくので、営業への依頼もスムーズに達成できます。消し込み作業のサービスは、誰もが簡単に使用できる高度な技術を低コストで人々に提供しています。

情報交換を迅速化する

チャットは、メールよりも迅速にリアルタイムの情報交換が図れるツールです。PCやスマートフォンにチャットアプリをダウンロードして利用します。アプリの利用者同士であれば、バーチャル会議のような多対多のやり取りができます。

経営資源を一元管理

企業資源計画を意味するERPは、会計や製造・販売・物流などあらゆる部門のデータを一元管理する仕組みです。ERPパッケージには従来の完全統合型に加え、導入費用が安く運用負担の低いクラウド型も登場しています。ERPパッケージを導入することでデータ入力作業が省力化され、迅速な経営判断も可能となります。

Copyright © 2017 経理業務で一番大変な消し込み作業|専門業者に任せるメリットとは All Rights Reserved.