経理業務で一番大変な消し込み作業|専門業者に任せるメリットとは

女の人

新たな金融債権

お金とPC

事業者のお悩み解決

「でんさい」とは、電子記録債権のことです。この債券は手形・指名債権(売掛債権など)の問題点を解消できる新しい債権です。でんさいとは、手形・指名債権を単純に電子化したものではありません。この仕組みは中小企業等の事業者の資金調達の円滑にするために創設されました。次に、「でんさい」の取引の流れは以下のとおりです。まず、取引金融機関を通じて「でんさいネット」の記録原簿に「発生記録」を行います。この記録を行うことで「でんさい」が譲渡可能になります。「でんさい」を受け取る際には、メールアドレスなど登録しておけば金融機関から連絡が来ます。連絡を受けた後は、受け取った「でんさい」の記録内容に問題がないか確認します。このときに内容に問題がされば受取を拒否します。この意思表示には期限がありますのでご注意ください。期限までに拒否しなかった場合には記録が成立します。金融機関によっては「でんさい」で受取の体験版があります。初めて利用される方など心配な方はご活用ください。受け取った「でんさい」を譲渡する場合には、「譲渡記録請求」データを作成します。手続きは銀行のインターネット上で行うことができます。その後担当者が作成した取引データを承認し、最後に入金を確認します。このようなサービスを利用するためには、事前に取引金融機関に各種データを登録しておく必要があります。法人や個人事業主であり、その金融機関に決済用の預金口座を開設していればだれでも利用できます。

Copyright © 2017 経理業務で一番大変な消し込み作業|専門業者に任せるメリットとは All Rights Reserved.